「生きるが育つ。」ガールスカウト


 

ガールスカウト活動のイメージは
・野外でテントを建ててキャンプする…
・奉仕活動をしている… という方が多いと思います。
ではなぜガールスカウトでは野外活動や奉仕活動を行っているのでしょうか?

現代はインターネットで何でも知識を得られる時代になりました。
例えばマッチと薪と新聞紙を使ってかまどの火付をする方法。
ネットで説明文を読み、動画で手法を調べて、いざ実践してみるとなかなか火がつかない。…あれ?なぜ?

これは「知っている」と「体験したことがある」の違いです。

実際に体験をすること。
薪のしめり具合による燃え加減、マッチの擦り方、その場の気温や湿度、、、
毎回同じ状況ということはありません。

「知っている」を体験してみる。
体験はくりかえすことによって「経験」になります。
そしてそれはおのずと「生きる力」になるのです。

キャンプを経験すると、普段の暮らしの「快適さ」を意識し、感謝する気持ちが生まれます。
そして困難な暮らしを強いられている人の気持ちがわかるようになります。
そのような人たちを救うにはどうしたらいいだろう?と「考える」力が湧いてきます。

考える力。行動する力。
わかちあう力。かなえる力。
ガールスカウトは少女たちの、そして、女性たちの
生きる力を伸ばしていく活動です。
自然や仲間と交わるさまざまな体験を通じて、
芯のある心と、なんでもできる手を身につけ
未来を、世界を、ゆたかに生きる力を育てます。

ガールスカウトの組織、活動理念などの詳細は
上部&左部メニューの「ガールスカウトについて」にリンクされている
公益社団法人ガールスカウト日本連盟のホームページをご覧下さい。
また、一般社団法人ガールスカウト奈良県連盟のホームページもあわせてご覧ください。

                                       ▲ページの先頭へ

20団は自然豊かな春日大社で活動しています。


 

ガールスカウト奈良20団は、奈良県奈良市の世界遺産「春日大社」が活動拠点です。
歴史と伝統、そして自然の豊かな春日大社の境内で、月に1〜2回活動を行っています。

春日の杜で活動する20団の子どもたち。
野外活動やキャンプをとおして『大自然の楽しさ、大切さ』を知っています。
さまざまな体験プログラムをとおして『友情』、『自分を信じること』の大切さを知っています。
異年齢の子ども同士、また大人との関わりを持てるスカウト活動は
『協調性』『社会性』を学ぶ絶好の場です。

また、神社行事のご奉仕をとおして『感謝の心』『思いやりの心』を知っています。
万燈籠の紙貼りのご奉仕や境内清掃のご奉仕、祭事や参拝の作法など
神社スカウトならではの経験は、子どもたちにとってかけがえのない『心の豊かさ』をはぐくみます。



                                       ▲ページの先頭へ

在籍人数 (H27年4月現在)・団の構成


  テンダーフット(幼稚園年長) 1名
  ブラウニー(小学校低学年)  8名
  ジュニア (小学校高学年) 16名
  シニア  (中学生)     9名
  レンジャー(高校生)     4名
  リーダー (指導者)    26名
  SCAPP&運営員(保護者)   20名

保護者の皆さまには、ガールスカウト活動の目的を理解して、ご家庭でのフォローをお願いしております。
こどもたちは様々な集会に出かけて行きますが、どの集会もすべて意味のある活動です。
元気よく送り出し、そして帰宅したらお子さんの話をたくさん聞いてあげて下さい。
こどもは体験談を家族に話し、それを認めてもらうことによって
「経験」として、ひとつひとつの集会での学びを身につけていきます。

ガールスカウト活動を支えているのは、団委員と保護者とリーダーです。
団委員は保護者の中から互選された方々になっていただき
団を順調に運営していく為の仕事を分担していただいています。
一般の保護者の方にも、バザーや育成会行事の参加、
様々な団行事を行う際のお手伝いをお願いすることがあります。

リーダーは、各都道府県のガールスカウト連盟が主催するリーダー養成講習会を受講し
資格を得て、少女達の指導にあたっています。
(講習会は18才以上の女性なら誰でも受講することができます。)
こどもたちをサポートする成人会員、リーダーたちは毎月ミーティングを開いて
子どもたちによりよい指導ができるよう情報交換を積極的に行っております。
20団のリーダーは保護者からリーダーになった「お母さんリーダー」や
スカウトから成長し、指導者になった「ヤングリーダー」で構成されています。
リーダーは大学生から保護者と同じ年代の方、そしておばあちゃん世代の方まで様々います。
子どもたちにとって、第二の「おねえさん」「おかあさん」「おばあちゃん」がたくさんいる
まるでファミリーのような20団はとてもアットホームな雰囲気で、保護者の方からも
信頼をいただいております。 20団の雰囲気が好きで「おかあさんリーダーになりたい!」と
親子そろって活動されているお母さんもいらっしゃいます。

また、家族交流の集会では、お父さん、ご兄弟の参加率も高く、ご家族揃って団活動を楽しんでおられます。

20団はこどもたち、そして大人の方も皆、仲良く協力しあって 楽しく活動を行っております。
こどもたちが、さらに充実した活動を円滑に行えますよう、今後ともご協力をよろしくお願いいたします。



                                       ▲ページの先頭へ

2014年度に行った主な活動 (※部門によって参加していない集会もあります。)


4月…節句祭・フライアップ式・団総会・緑の羽根募金
5月…テント建て訓練・別願万燈籠奉仕
6月…野外訓練・野外料理・ギャザリング県大会
7月…七夕舎営・入団式・地区キャンプ(長野県戸隠)・みそぎ体験
8月…中元万燈籠献燈紙張り替え奉仕・中元万燈籠奉仕
9月…ふれあい集会(キャンプ報告会・イルミ奈〜ラ見学)・入団式・クリーンアップなら・お茶のお稽古
10月…みかん狩り・京都国立博物館&二条城見学・わらべうたフェスタ・飛鳥フェスティバル
11月…団バザー・ユニセフ募金・県大会・食育集会・新嘗祭奉仕
12月…ご祈祷祭・清掃奉仕・クッキング集会・バッジ集会
1月…新年参拝・書初め・スキー訓練・節分万灯篭奉仕・大とんど奉仕
2月…地区ラリー・シンキングディ・六甲山雪遊び・節分万燈籠献燈奉仕
3月…KIZUNADAY防災集会・フライアップ式

                                       ▲ページの先頭へ



メニュー

春日大社について・育成会案内

春日大社は神護景雲2年(768)平城京の守護と国民の繁栄を祈願するために創建された神社です。 平成10年(1998)古都奈良の文化財として春日大社と春日山原始林が世界遺産に登録されました。ガールスカウト奈良県第20団は春日大社スカウト育成会の所属団です。

◆春日大社育成会ページ


お問い合わせ・連絡先

体験見学にお申込みご希望の方、お問い合わせは下記フォームをクリックしてお問い合わせ内容をWEB送信、または春日大社社務所(育成会担当)0742-22-7788までお電話でお問い合わせ下さい。入団希望・体験見学は随時行っております。お気軽にお問合せ下さい。